commitmentdietのblog

タグ:認知症


認知症ケア指導管理士という資格は、あまり有名ではないかと思いますが、認知症にかかった人をケアする資格です。

 

これは、1948年6月当時の労働省(現厚生労働省)の認可団体として設立された財団法人商業技能振興会が、医療・介護現場で働く人のスキルアップを目的として、2010年に創設した認定資格制度です。

 

もちろん自宅で認知症高齢者を介護するご家族にとっても、最適な資格です。

 

私は、この資格をとるために勉強した結果、

認知症には、6つの症状があることや、

中核症状と行動・心理症状があって、よく認知症の症状と思われていることが、行動・心理症状であることがわかりました。

 認知症には、いろいろな種類があることを、ご存じですか? : commitmentdietのblog (karingojo.com)
■認知症の症状はどうやって起こるのでしょう? : commitmentdietのblog (karingojo.com)

私がなぜ、この資格をとろうと思ったかといえば。

母親が認知症にかかったことから、この資格を取って、認知症について詳しくなろうと思ったからでした。

 

私の母は2回、認知症になりました。

 

(1)  1度目の認知症:「慢性硬膜化血種による認知症」

 

一度目は、自宅で転倒し、頭を強く床に打ち付けたことによって発症した「慢性硬膜化血種による認知症」でした。

 

これは頭部を打撃した1~2か月後に症状が出現するものでした。

 

手術をして血種を除去すれば症状はよくなると言われましたが、母親の場合は、手術は避けて、自然に血種がなくなるまで、入院しました。

 

そして、驚くことに、認知症は完治したのです。

認知症になった当初は、最近の記憶をすっかりなくして、私のこともわからない状態で、とてもショックを受けましたが、完治したときには、喜ぶとともに、本当にびっくりしました。

 

認知症のことを勉強していなかったならば、理解できなかったでしょう。

 

(2)  2度目の認知症:「アルツハイマー型認知症」

 

2度目は、最も多い認知症である「アルツハイマー型認知症」です。

原因は、よくわからなかったのですが、耳が聞こえにくくなったのが、発端だったと思います。

この症状は日々悪化する一方でした。記憶障害から始まり、徘徊までいきました。

いい薬ができるのを待つしかないと思いました。

 

 

最後に、この資格をとるために使ったテキストは、以下の一冊だけです。

 


『認知症ケア指導管理士試験(初級)公式テキスト』


監修者

「厚生労働省認可法人 財団法人職業技能振興会」

「一般社団法人総合ケア推進協議会」


試験問題は、選択肢のみで、試験会場は大阪大学の医学部でした。

 

皆さんも挑戦してみてはいかがですか。

 

 

認知症の症状は、そのもととなる中核症状と、それによってもたらされる行動・心理症状があります。

 私たちが、認知症の症状と思っているのは、実は、行動・心理症状なのです。

 

そのもととなる中核症状とは、脳が病気になることが原因で、人間のもつ知的機能が低下し、自立した生活が困難となることです。

 

具体的な症状は。記憶力の低下、失語、実行機能の低下、理解力の低下などで、認知症の発症により、程度の差こそあれ、すべての人に起こる症状です。

 

この中核的な症状に、不安感、不快感、身体不調、ストレスなどが重なって、周辺の症状が出てきます。

 

具体的には、俳諧、暴言・暴力、幻覚症状などで、かつて介護者が、問題行動・迷惑行為と呼んでいたものです。

 

介護者にとっては問題で迷惑な行為なのですが、本人にとっては、意味があって行っている行動であり、言語にならないメッセージを伝える行動であるというように認識が変わっており、今では、行動・心理症状と言われています。

 

中核症状は、介護の力では軽減することはできません。進行を止める薬が開発されたとの話もありますが、そちらに期待するしかありません。

 

しかし、行動・心理症状は、心理的負担を与えず介護することで、おさえられると考えられています。

認知症と間違いやすい状態には、どのようなものがあるでしょうか。

せん妄と、仮性認知症があります。

 

それぞれについて、説明します。

 

1.    せん妄

せん妄とは、意識障害であり、意識がもうろうとなる状態です。

ぼんやりと眠そうで、夢見るような状態から、突然、興奮、攻撃、怒り、恐れなどに変化することがあります。

 

原因は、脳血流障害、脱水、感染症、栄養障害などです。

 

意識がもうろうとなると、物や人物を認識できず、間違いが多くなります。

また、興奮して、暴言、暴力が現れてきます。

治療方法としては、適切な医療対応が行われることにより改善します。

2.    仮性認知症

気持ちが ふさぎこんだり、気力が低下します。

 

高齢者がうつ病にかかると起こりやすい病気です。

うつ病が慢性化すると、認知症との区別が、つきにくくなります。

 

うつ病の主症状は、気持ちがふさぎ込み、気力が低下し、口数が少なくなります。

抑うつ気分と言われるものです。

 

高齢者がうつ病になると、動作が緩慢になり、あらゆる事柄に対して、「わからない」「忘れた」という返答が多くなります。

 

これらの状態が認知症とよく似ているので、仮性認知症といいます。

 

CT、MRIなどで診断します。

血液検査や心電図、麻痺の有無や筋肉の硬さなどの検査もします。

 

このページのトップヘ