トラブルを抱え込んだまま生活を送るのは、とても気が重いもので、ストレスも溜まってしまいます。できるなら、早く解決したいものです。

 

裁判になると早くても半年、長ければ2年援護かかることも、珍しいことではありません。

最高裁までいくと、5年はかかることもあるでしょう。

 

したがって、示談で解決して、スッキリとした方が、精神衛生上はるかにいいはずです。

 

それでは、示談はどの程度かかるのでしょう。

 

示談で2~3回交渉を重ねると、あとは平行線のままズルズルと長引いてしまうこともあります。

したがって、交渉を始めるに際して、期限をもうけるべきです。

最長でも回数にして10回、期間は6か月が一つの目安になります。

それがお互い頭に入っていると、互いに真剣に話し合うことができます。

 

示談が成立するということは、お互い、これで仕方がない、と踏ん切りをつけることですから、交渉を数多くやっても効果は上がりません。