commitmentdietのblog

タグ:妻の浮気

妻の浮気調査を探偵に頼んで、間違いないとわかってときに、どうしますか。

相手の男性に慰謝料を請求することは考えられますが、妻と離婚しますか。

 

もし離婚するとなったら、一番気になるのが、お金の問題でしょう。

離婚に伴って妻に請求できる金額には、以下のものがあります。

しかし、本当に気をつけないといけないのは、浮気をした妻から、財産分与を請求されることがあるのです。

 

1.財産分与

・婚姻中に築いた財産の分配で、離婚後の収入面での弱者に対する扶養料や、過去の婚姻費用の清算も含まれます。

 

・ただし、結婚前に持っていた財産は、含まれません。

 

・借金も分与の対象となります。

 

・専業主婦の場合、寄与度に応じて、共有財産の30%~50%となることが多いです。

 

・共稼ぎ、家業協力者の場合は、50%前後とするものが多いです。

 

・気をつけないといけないのは、財産分与は、離婚原因を作った側からでも請求できることです。

 

・妻が浮気をして離婚する場合でも、妻からの財産分与の請求はありえるのです。

 


 

2.慰謝料

・精神的打撃に対する損害賠償で、離婚の原因を作った側が支払う慰謝料と、離婚により配偶者としての地位を失うことによる慰謝料に分類されます。

 

・裁判によっては、慰謝料を認めないものが35%程度もあります。

 

・認められたものでは、200万円~300万円が多いです。

1000万円程度を認めらものもありますが、相手が芸能人など高額所得者の場合でしょう。

 

 

3.養育費

・未成熟の子供が社会人として成長し自立するまでの費用で、通常、子供の親権者に対して、他方の配偶者から支払います。

 

・子供の養育費は、父母がそれぞれの収入により按分して決められます。

 

・原則として、収入の多い親の生活レベルで暮らせるように、養育費の請求ができます。

 

・養育費の金額や期間は、一度決めたら絶対変更できないというわけではありません。

双方の事情や社会情勢の変化により、変えることもできます。

この場合は、話し合いがダメなら、調停等で養育費の増減を請求することになります、

 

・養育費には、子供の衣食住の費用や、教育費、医療費、適度の娯楽費があります。

 

・養育期間は、①義務教育卒業まで ②満18歳まで ③高校卒業まで ④大学や専門学校卒業まで の4つですが、以前は③の高校卒業までが多かったのですが、最近は④の大学や専門学校卒業までが増えています。

 

・統計資料によれば、養育費は、子供1人の場合は1万円~6万円で、2人の場合は2万円~6万円が多くなっています。

 

 

妻が浮気した場合ですから、慰謝料は必要ないと思いますが、財産分与や養育費などの給付金は要求されることはありえます。

 

妻の浮気がはっきりしても、離婚するかどうかは、十分考慮して決めないといけませんよ。離婚をして後悔しないようにしてください。

 

 

いきなりですが、裁判上の離婚をするためには、どのような理由が必要でしょう?

民法では、以下の理由を挙げています。

 

(民法/裁判上の離婚)

第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

 

妻が浮気をしたときは、まさに「一.配偶者に不貞な行為があったとき。」に当てはまります。

不貞な行為というのは法律用語ですが、いわゆる浮気のことです。

その証拠があったときは、協議離婚に臨めます。そして、相手が同意しないときには、裁判に訴えて、離婚することができます。

その場合、決定的な証拠が、どうしても必要になってくるのです

 

 

浮気調査を探偵に依頼する理由

1.浮気調査では、決定的な証拠が必要だから。

浮気調査で一番必要なものは、時間や場所が特定された決定的な写真や動画です。

その証拠をつかむためには、プロの力が必要なのです。

それがないと、いくらスマホの画像やメールのやりとりを押さえたとしても、裁判になった場合に、認めてもらえない可能性もあります。

 

それを取るためには、尾行や張り込みをしなければならず、しかも決してばれないことが必要です。自分でやった場合は、ばれる可能性が非情に高くなり、また、ばれたときの言い訳も難しいでしょう。

 

2.自分で調べようとしても、時間の制約があるから。

妻が浮気をする可能性があるのは、夫の仕事中であることが多いため、自分で現場を押さえることは、時間的な制約から難しいです。

現場を押さえるには、何日間も尾行や張り込みをしなければならず、仕事もしながら行うのは無理です。

 

3.相手の素性を知りたいから。

自分で相手のことまで調べるのは、かなり大変で難しいでしょう。

たとえ、自分で現場を押さえたとしても、そのあと、相手の男性を尾行して、住所や氏名な相手の素性まで調べるのは、素人には無理です。

しかも、それがわからなければ、相手方に慰謝料を請求することはできません。

 

では、どうやって妻が浮気をしているかわかるでしょうか。

女の人が浮気をする場合は、特に、スマホからばれないように気を付けるようです。

従って、スマホをさりげなく触ってみて、激怒するようでしたら、かなり怪しいということになります。

あとは、急に冷たくなったり、優しくなったり、大きな変化があるときは、その可能性があります。

 

ある程度の確信をつかんだ場合は、覚悟を決めて、探偵に依頼してみましょう。

 


 

このページのトップヘ