■著作者人格権をご存じですか? 

著作権という言葉は、よく耳にされると思いますが、一口に著作権といっても

次のように様々なものがあります。

 

(1)著作者人格権

・公表権

・氏名表示権

・同一性保持権

 

(2)著作権(財産権)

・複製権

・上演権・演奏権

・上映権

・公衆送信権

・口述権

・展示権

・頒布権

・譲渡権

・貸与権

・翻訳権・翻案権

・二次的著作物の利用権

 

今回は、(1)の著作者人格権について、説明したいと思います。

著作者人格権とは、著作者の精神的・人格的利益を保護するものです。

大きな点は、譲渡することや放棄することができないことです。

具体的な権利は、次のとおりです。

 

公表権

公表権は、著作者が、まだ公表されていない著作物を、いつどのような形で公表するかを決定することができる権利です。

 

たとえば、歌手Aの新譜用につくった楽曲が、Aが歌う前に歌手Bによって勝手に初演されてしまった場合は、公表権の侵害になります。

 

●氏名表示兼

氏名表示兼は、著作者が、著作物の原作品に、著作者名を表示するかしないか、表示するとすれば、どのような著作名にするかを決定することができる権利です。

 

同一性保持権

同一性保持権とは、著作物のタイトルとその中身について、著作者の意に反する改変を受けない権利です。

楽曲のメロディや歌詞を、作曲者や作詞家に無断で直して歌ったりすると、同一性保持権の侵害になります。

 

以上の著作権を侵害しないよう、気をつけましょう。