認知症と間違いやすい状態には、どのようなものがあるでしょうか。

せん妄と、仮性認知症があります。

 

それぞれについて、説明します。

 

1.    せん妄

せん妄とは、意識障害であり、意識がもうろうとなる状態です。

ぼんやりと眠そうで、夢見るような状態から、突然、興奮、攻撃、怒り、恐れなどに変化することがあります。

 

原因は、脳血流障害、脱水、感染症、栄養障害などです。

 

意識がもうろうとなると、物や人物を認識できず、間違いが多くなります。

また、興奮して、暴言、暴力が現れてきます。

治療方法としては、適切な医療対応が行われることにより改善します。

2.    仮性認知症

気持ちが ふさぎこんだり、気力が低下します。

 

高齢者がうつ病にかかると起こりやすい病気です。

うつ病が慢性化すると、認知症との区別が、つきにくくなります。

 

うつ病の主症状は、気持ちがふさぎ込み、気力が低下し、口数が少なくなります。

抑うつ気分と言われるものです。

 

高齢者がうつ病になると、動作が緩慢になり、あらゆる事柄に対して、「わからない」「忘れた」という返答が多くなります。

 

これらの状態が認知症とよく似ているので、仮性認知症といいます。

 

CT、MRIなどで診断します。

血液検査や心電図、麻痺の有無や筋肉の硬さなどの検査もします。