commitmentdietのblog

タグ:ペット

ペットの飼い主の責任を定めた民法の条文は、次のとおりです。

 

(動物の占有者等の責任)

第七百十八条 動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。

2 占有者に代わって動物を管理する者も、前項の責任を負う。

 

これは、動物は他人に損害を与え得る危険性のあることから、一般の過失責任よりも重い責任を定めています。

 

動物には制限がなく、犬、猫のみならず、馬、牛など、全ての動物を含むことになります。

 

責任を負うのは、占有者と、占有者に代わって動物を管理する者となっていますので、所有者だけでなく、動物に近いところでその損害の発生を防止できるはずの管理者も含まれます。動物の飼い主は責任を負うことになります。

 

ただし書きの

「動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。」のところですが、相当の注意とは、通常払うべき程度の注意義務で、異常な事態に対処すべき程度の注意義務まで課したものではないとされています。

しかし、免責事由は、容易には認められません。裁判で、免責を認められたのは、ごく僅かです。

たとえば、犬の所有者が、敷地内の立木に犬をつないでいたところ、被害者がその敷地内に立ち入り犬のそばまで行って噛まれた場合などです。

事故が起きた土地が、一般の人に開放された場所ではないところから免責された裁判例があります。

ただ、犬をからかって噛まれた場合などで、賠償すべき損害額が減じられた裁判例はあります。

 

 

PR>

 


ペットショップで、とてもかわいい子犬を見つけて、後日買う約束をして、2日後に引き取り、代金を支払いました。しかし、家に連れて帰ると、突然嘔吐し、寝込んでしましました。

この場合、どうなるのでしょうか。

 

法律的には、この売買は、特定物売買になります。したがって、その子犬を引き渡してもらった以上、交換は強制できません。

 

しかし、問題は、いつ病気になったかです。

本来健康であるべき子犬が、病気だったのですから、法律の世界では、店側に瑕疵があったことになります。つまり、瑕疵によって売買契約の目的が達せられない場合は、契約を解除し、損害賠償を請求することができます。

 

また、契約後に病気になったのであれば、店の管理ミスになりますので、債務不履行として、契約を解除し、損害賠償を請求することができます。

 


飼い犬のムダぼえの癖が治らないので、両隣の家から苦情を言われて困っている場合などに、飼い犬にどこまでのしつけがゆるされるのでしょうか。

 

実は、飼い犬も、人間の子供の場合と同様に、やりすぎると「動物の愛護及び管理に関する法律」違反となり、刑事罰の対象になります。

 

人との共生に配慮しつつ、習性を考慮して取り扱うこととされています。

 

動物に対する保護は厚くなっているのです。

 

第四十四条 愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、五年以下の懲役又は五百万円以下の罰金に処する。

 

2 愛護動物に対し、みだりに、その身体に外傷が生ずるおそれのある暴行を加え、又はそのおそれのある行為をさせること、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、その健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束し、又は飼養密度が著しく適正を欠いた状態で愛護動物を飼養し若しくは保管することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であつて自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行つた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

 

ペットケアーアドバイザーなどに相談して、しつけをしてみるのがいいです。

 

 

PR>

 


 

最近ペットをめぐる話題が、いろいろとニュースとなっていますが、

もしも、飼い犬などが他人に危害を加えてしまった場合、飼い主はどのような

責任を問われるでしょうか。

 

「動物の愛護及び管理に関する法律」では、飼っている動物が人に危害を加えないように、飼い主が努力しなければならないと、されています。

 

(動物の所有者又は占有者の責務等)

 

第七条 

 

動物の所有者又は占有者は、

命あるものである動物の所有者又は占有者として動物の愛護及び管理に関する責任を十分に自覚して、その動物をその種類、習性等に応じて適正に飼養し、又は保管することにより、動物の健康及び安全を保持するように努めるとともに、

 

動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、生活環境の保全上の支障を生じさせ、又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない。

 

 

また、民法では、次のように規定されています。

 

(動物の占有者等の責任)

 

第七百十八条 

 

動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。

ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。

 

2 占有者に代わって動物を管理する者も、前項の責任を負う。

 

 

したがって、実際に飼い犬が、他人に障害を負わせてしまった場合は、損害賠償の義務が発生します。

 

賠償額は、治療費はもちろんのこと、通院にかかった交通費や、仕事を休まざるを得なくなった場合は、その休業損害、慰謝料が該当します。

 

ただし、相当の注意を払っていた場合は、免責される、ともされていますが、それが認められるのは稀であるということです。

 

たとえば、子供がチョッカイを出して、飼い犬が興奮してかみついた場合などは、過失相殺として、損害賠償の算定で考慮されることになります。

 

ペットはかわいいですが、くれぐれも気をつけましょう。

■ペットのしつけは、どこまで許されるのでしょうか? 

飼い犬のムダぼえの癖が治らないので、両隣の家から苦情を言われて困っている場合などに、飼い犬にどこまでのしつけがゆるされるのでしょうか。

 

実は、飼い犬も、人間の子供の場合と同様に、やりすぎると「動物の愛護及び管理に関する法律」違反となり、刑事罰の対象になります。

 

人との共生に配慮しつつ、習性を考慮して取り扱うこととされています。

 

最近の法改正により、動物に対する保護は厚くなっています。

 

具体的には、動物を殺傷した場合は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金になります。

 

また、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなどの虐待を行うと、50万円以下の罰金になりました。

ペットケアーアドバイザーなどに相談して、しつけをしてみるのがいいです。

 

このページのトップヘ