commitmentdietのblog

■裁判所が認める離婚原因をお存じですか?

あなたは、裁判所でどのような場合に離婚が認められるか、知っていますか。


民法では、離婚原因を、次のケースと定めています。

 

【第七百七十条 

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

 

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

 

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

 

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

 

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。


五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

 

2 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。】

 

このように、離婚原因は、第1項に記載されているとおりですが、第2項にありますように、離婚原因があっても、必ず離婚の判決がでるかといえば、そうでもありません。

 

結婚は破綻していないとされるケースがあるからです。

 

第1項第1号は、浮気などです。


第2号は、夫婦の同居義務、扶助義務を果たさない場合などです。

第3号は、行方不明などです。

第4号は、そのままです。

第5号は、性格の不一致・性的な不満などで、具体には婚姻関係が破綻しているかどうかを基準に、裁判所が判断します。

 

離婚については、さまざまな判例がありますので、今回は第1号の不貞な行為、いわゆる浮気について取り上げてみます。

 

勝手に別居して別な女性と暮らし、一方的につくった婚姻破綻を原因として離婚を請求しても認められないというのが原則です。 

 

しかし、昭和62年に最高裁判所の判例変更があり、責任ある配偶者からの離婚請求も認められるようになりました。

 

婚姻が真に破綻したのであれば、だれの請求であっても、離婚も止むを得ないというものです。

 

ただし、離婚で配偶者や子に著しい生活の困窮や耐え難い苦境をもたらすときなどは離婚請求が認められませんので、扶養、慰謝料、財産分与、子の養育費などが充たされなければ、離婚は認められないでしょう。

■ペットのしつけは、どこまで許されるのでしょうか? 

飼い犬のムダぼえの癖が治らないので、両隣の家から苦情を言われて困っている場合などに、飼い犬にどこまでのしつけがゆるされるのでしょうか。

 

実は、飼い犬も、人間の子供の場合と同様に、やりすぎると「動物の愛護及び管理に関する法律」違反となり、刑事罰の対象になります。

 

人との共生に配慮しつつ、習性を考慮して取り扱うこととされています。

 

最近の法改正により、動物に対する保護は厚くなっています。

 

具体的には、動物を殺傷した場合は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金になります。

 

また、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなどの虐待を行うと、50万円以下の罰金になりました。

ペットケアーアドバイザーなどに相談して、しつけをしてみるのがいいです。

 


 ■ペットが他人に危害を加えた場合、どうなるのでしょうか?

最近ペットをめぐる話題が、いろいろとニュースになっていますが、

もしも、飼い犬などが他人に危害を加えてしまった場合、飼い主はどのような

責任を問われるでしょうか。

 

「動物の愛護及び管理に関する法律」では、飼っている動物が人に危害を加えないように、飼い主が努力しなければならないと、されています。

 

『(動物の所有者又は占有者の責務等)

 

第七条 

 

動物の所有者又は占有者は、

 

命あるものである動物の所有者又は占有者として動物の愛護及び管理に関する責任を十分に自覚して、

 

その動物をその種類、習性等に応じて適正に飼養し、又は保管することにより、動物の健康及び安全を保持するように努めるとともに、

 

動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、生活環境の保全上の支障を生じさせ、又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない。』

 

 また、民法では、次のように規定されています。

 

『(動物の占有者等の責任)

 

第七百十八条 

 

動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。

 

ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。

 

2 占有者に代わって動物を管理する者も、前項の責任を負う。』

 

 したがって、実際に飼い犬が、他人に障害を負わせてしまった場合は、損害賠償の義務が発生します。

 

賠償額は、治療費はもちろんのこと、通院にかかった交通費や、仕事を休まざるを得なくなった場合は、その休業損害、慰謝料が該当します。

 

ただし、相当の注意を払っていた場合は、免責される、ともされていますが、それが認められるのは稀であるということです。

 

たとえば、子供がチョッカイを出して、飼い犬が興奮して嚙みついた場合などは、過失相殺として、損害賠償の算定で考慮されることになります。

  

ペットはかわいいですが、くれぐれも気をつけましょう。


このページのトップヘ