commitmentdietのblog

 

「懲役」と「禁錮」を一本化した「拘禁刑」とはどんなものでしょう?

政府は2022年3月8日の閣議で、「懲役」と「禁錮」を一本化した「拘禁刑」を創設するとした刑法などの改正案を決定しました。

 

現行の刑法では、

(懲役)

第十二条 懲役は、無期及び有期とし、有期懲役は、一月以上二十年以下とする。

 懲役は、刑事施設に拘置して所定の作業を行わせる。

(禁錮)

第十三条 禁錮は、無期及び有期とし、有期禁錮は、一月以上二十年以下とする。

 禁錮は、刑事施設に拘置する。

と定められています。

 

すなわち、

身柄の拘束を伴う刑のうち、刑務作業が義務づけられているものが「懲役」

義務づけられていないものが「禁錮」です。しかし、本人が希望すれば、作業を行う人もいるとのことです。

 

「拘禁刑」は、懲役と禁固を一本化したもので、その創設も盛り込まれ、明治40年の刑法の制定以来、初めて刑の種類の見直しが行われることになります。

 

「拘禁刑」では、受刑者の特性に応じて、刑務作業のほか、再犯防止に向けた指導や教育プログラムなどを実施できるとしています。

 

 

 

 


 

2020年度から、すべての小学校において、プリグラミング教育が必修化されました。

 

なぜ、そうなったのでしょか。

 

それは、今、国の競争力を左右するのは、IT人材であるとされているからです。

 

ヨーロッパでは、IT力が、若者が労働市場に参入するための必要不可欠な要素とされており、少なくとも90%の職業が基礎的なIT力が必要とされています。

多くの国や地域が、学校教育のカリキュラムの一環として、プログラミング教育を導入しています。

 

一方、日本では、2020年度までに、37万人のIT人材が不足していると言われています。 そのため、子供の頃からIT力を育成して裾野を広げておかなければ、国際競争を勝ち抜くことができないということで、プログラミング教育が小学校から必修化されたのです。

 

しかし、小学生がいきなりプログラミング教育に取り組んでいくには、かなりハードルが高いと思います。

 

いきなり難しいことに取り組むのではなくて、楽しみながらプログラミングに慣れていくのがいいと思います。

 

 

ブログネタ
【公式】おすすめの映画・ドラマ に参加中!
私のおすすめのドラマは、NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】です。

主人公は、北条義時。小栗旬さんが演じています。

今まで大河ドラマはずっと見ていますが、鎌倉時代では、源頼朝、北条政子、源義経が
主人公のものを見ていましたが、北条義時が主人公のものは、私は初めてです。

昔、日本史の授業で、名前を記憶したことがありましたが、それほどいい印象は持っていませんでした。
しかし、今回の大河ドラマでは、すごくいい人として、小栗旬さんが演じられています。
私の認識も改めて、見ています。
一御家人に過ぎなかった北条氏が、いかにして鎌倉幕府で実権を握っていったのかを、
知ることができると期待しています。

もう一つの見どころが、菅田将暉さんが演じています源義経です。
やはり、義経の動向は、とても関心があります。
このあと、どうやって平家を滅亡させ、その後の兄弟の対立行動になっていくのかなど、目が離せません。

その他も、和田義盛など、多くの御家人が登場しますが、これも日本史の授業で、名前を詰め込んで覚えた人たちが登場していますので、彼らが今後鎌倉において、どのような境遇になっていくのかなど、興味深く見ています。

三谷幸喜さんが脚本というだけあって、とても面白いです。


このページのトップヘ